TOP

お葬式のアクセサリー

お葬式で最も困るのがアクセサリーになります。もちろんジャラジャラとアクセサリーをつけるのはダメだということはわかりますが、アクセサリーを付けなければ逆にマナー違反とも思えてしまいそうで躊躇してしまう方も多いと思います。そのため、アクセサリーのマナーをあらかじめ調べておくというのはとても重要なポイントになります。

お葬式で付けるアクセサリーで最も無難なのは真珠になります。真珠は輝きも非常に控えめで、喪服のダークな色合いを邪魔しません。逆にお葬式のアクセサリーとしてお勧めできないのがゴールドやシルバーなどの派手目のアクセサリーになります。ゴールドやシルバーなどのアクセサリーは、自分を輝かせるために身に付けるとされております。お葬式の主役は参列者ではなく、あくまで故人ですので、自分を必要以上に着飾るというのはお葬式の場に相応しくないと言われています。

お葬式をあげるエリアや故人の宗派によって、アクセサリーの良し悪しは大きく変わってきてしまいます。そのためアクセサリーを付けている方が多いお葬式と全く付けていないお葬式とに分かれるケースがあります。自分が初めて参列するエリアのお葬式であったり、初めて経験する宗派のお葬式の場合には、とりあえずバッグに真珠のネックレスなどを入れておいて、周りの参列者を不自然にならない程度にチェックし、アクセサリーの状況をしっかりと把握した上で着けるのか着けないのかを選択すると間違いがありません。周りの方が付けているようでしたら、トイレに行きこっそりと付けることもできます。

ページの先頭へ戻る