TOP

お葬式に適した服装

お葬式の時の服装として最適なのは喪服になります。喪服とはどのような服装なのかというと、喪に服していることを服装で表すための服です。本来の喪服は正式と略式に別れているのですが、基本的にお葬式に参列する方はブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれる略式の服装を着る事になります。

モーニングや和装などの正式な喪服を着るのも間違いではありませんが、親族の方との差を付けるために略式でお葬式に向かうようにしましょう。また、喪章は、故人のご遺族の方が付ける物になりますので、参列者はつけないように注意します。実は、昔から喪章が喪服代わりになるような事が言われておりますが、一般的にはそういった事はありません。

男性の方がお葬式に参列する際に着る喪服は、ブラックスーツが基本になりますが、スーツの色はダークグレーや濃紺などでもよく、目立たない程度でしたらストライプのスーツでも良しとされています。ワイシャツは白、ネクタイは黒を着用しタイピンは付けません。

女性の場合には、色味が濃紺やダークグレーのスーツやワンピースが基本になります。黒い無地のブラウスやスカートなどでも代用ができます。ストッキングなどは黒無地のものか肌色の物を選ぶのがベストになります。色々な地方によって適した喪服は異なりますが、基本的にはこれらの服装でしたらどのエリアでも恥ずかしい思いはしないと言えます。コンビニなどにも黒いネクタイなどは置いてありますので、急ぎの場合にはそういった所で揃えるのもありだと言えます。

ページの先頭へ戻る