TOP

お葬式でお悔やみの言葉を伝える

故人の死を悲しむ、惜しむ気持ちを伝えるためにお悔やみの言葉を遺族の方に伝える場合にもマナーがあります。本当に心から思っている事でもしっかりとマナーを守らなければ伝えても遺族の方にとって嬉しい物ではなくなってしまうかも知れません。

お悔やみの言葉を伝える際には、声のトーンにも気を付けるようにしてください。お悔やみの言葉は、感極まってしまいついつい大きな声になりがちです。しかし、周りの方も故人を思い返している最中だったり、遺族の方も気持ちの整理が付いていないような事がほとんどです。そんな時に必要以上に大きな声を出してしまうとびっくりしてしまい非常識に思われてしまいますので、声のトーンはしっかりと調整するようにしましょう。

また、急な訃報の場合には、故人がどうしてお亡くなりになったのかという死因について知りたくなってしまうのも事実です。しかし、遺族の方が心の整理がついていないような場合に、死因などを尋ねてしまうと失礼にあたってしまいます。お悔やみの言葉は、死因や故人の年齢、故人との関係性などによって微妙に変わってきます。

色々なお悔やみの言葉があり、エリアによっても宗教によってもベストな言葉は変わってきます。そのため、定番中の定番のお悔やみの言葉を覚えておくと便利です。お葬式の時に活躍するお悔やみの言葉には、このたびは誠にご愁傷さまでございます、心からお悔やみ申し上げます、といったものがあります。これさえ覚えておけば、色々なお葬式でも対応する事ができます。

ページの先頭へ戻る