TOP

お葬式で恥をかかないために

年齢を重ねるにつれて恥ずかしい思いをするようになるのがマナーです。特に冠婚葬祭関連のマナーは非常に重要なポイントになってきます。頻繁にある事ではありませんので、どうしてもわからない部分であったり、間違えて覚えているような部分などがありますので、しっかりと確認しておく事が重要になります。マナーに関しては、マナーに特化した色々な書籍などが発売されておりますので、そういった書籍で確認したり、知っている人にお話を聞くだけでもかなり違ってきますので積極的に相談してみてください。

マナーの中でもお葬式に関しては色々な注意ポイントがあります。冠婚葬祭の中では、お葬式が最もマナーが難しいと言われています。なぜ最も難しいのかというと、色々な地域によって正しいと思われていることが全然違っていたり、宗教によっても正しい部分と正しくない部分が異なりますので、故人に合わせたマナーを確認しなければいけません。基本の部分が全然できていない状況で、一部の地方でしか対応しない内容をマスターしても、他の地域でお葬式があった場合に恥をかいてしまいます。

お葬式で恥をかかないためには、色々な所にポイントを絞ってマスターするのがおすすめです。基本的な内容を押さえておけば、他のエリアや他の宗派のお葬式に行った時でも、マスターした内容の差異を確認するだけで問題無く対応する事ができるからです。また、どの宗派、どのエリアにも共通している部分からマスターするのもおすすめになります。

どのエリア、どの宗派にも共通したマナーは、お葬式に顔を出すタイミングです。基本的にお葬式には、決められた時間よりも少し早く到着するのが重要になります。お葬式の時間に遅れてしまうのは重大なマナー違反になります。平日のお葬式の場合には、途中で葬儀場をあとにしなければいけないような事もあるかと思います。事前に式の最後までいられないという事が確定しているような場合には、末席に座り、焼香を終えたタイミングで静かに退席するのがマナーになります。

この他にも服装のマナーであったりアクセサリーなどのマナーなど色々と覚えなければ行けないポイントは沢山あります。そこでこちらでは、絶対に押さえておかないと恥をかいてしまうマナーの中から、これはというものを厳選してご紹介します。特に社会人になってからですと常識を疑われるような可能性もありますので、恥をかかないためにもぜひチェックしてみてください。

お知らせ

[2018年07月09日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る